最近はお葬式ではこんなアフターサービスがあります

お葬式前後は急な出来事で何をしたらよいかわからない混乱状態にあります。お葬式で損をしないためには遺族の事を第一に想ったアフターサービスがきちんとされているかどうかは大事なポイントとなります。供養は葬儀からはじまり四十九日そして百か日、一周忌に三回忌とあります。節目に法要がありその準備が必要になります。葬儀のアフターフォローは長期間必要になります。葬儀後のアフターサービスは四十九日や一周忌の法要準備で必要な会場や案内状の手配などします。葬儀後にしなければいけない手続きが沢山あり何から手をつけたらいいのかわかりません。その際の年金や保険相続の相談を専門のスタッフが丁寧に対応します。そして故人の大切な思い出の品など、心を込めて遺品整理を行うサービスを行っています。

葬儀後に必要な法要などの準備手配サービス

サポートはお葬式が終われば完了ではなく、葬儀後には沢山しなければならないことがあり、遺族は休まる時はありません。仏事や生活に関する事が多く大変な時こそフォローがしっかりとしていることが大切になります。遺族がやることは沢山あります。香典返しの準備や四十九日の法要の他にも金融機関の手続き、年金などの行政への申請手続きや故人の名義になっているものの名義変更など沢山の申請事項があり大変です。それを個人で行う事はとても労力が要りますし時間がかかります。その手続きの代行を提供しているサービスがあります。手続きの代行を専門のスタッフが行う事で遺族の心身的体力的に負担が軽減されます。心のこもったこのサービスは遺族のよりどころとなります。遺族に少しでも故人を想う時間が出来るサービスです。

遺品整理や墓地、墓石など紹介します

お葬式の済んだ後に待っているのは、書類手続きなどばかりではありません。故人の遺品整理もしなくてはならない事項の一つです。思い出の詰まった故人の遺品整理は遺族にとってはなかなか辛いものでもあり、すぐに整理出来るものではありません。自分達で整理するとなると時間や手間、それよりまず何から手をつけたらよいか分からずなかなか手が付けられないと思います。その時に遺品整理のアフターサービスがあると助かるでしょう。どの遺品が必要なものなのか遺族の意向を伝え、それを踏まえて専門家が作業を行ってくれるのであれば遺品整理はスムーズに行うことができます。またアフターサービスの中には墓地、墓石などで悩んでいる方集団墓地の相談にものっていただけるサービスがあるので知っておくと便利だと思います。