シーズヒーターが購入できるところはこんなところです

電熱ヒーターと言ってもさまざまな種類のヒーターがありますし、どのような違いがあるのかよく分からないという人も多いでしょう。これらは電熱を使用しているヒーターなのですが、電気代や安全性などを比較して選んでいくと良いでしょう。見た目では違いがよく分からないかもしれません。しかし、それぞれの特徴を知っておくことにより、最適な製品を選べるようになるのです。シーズヒーターはニクロム線などの発熱体を絶縁物質で包み、ステンレスなどの金属パイプの中に封入したものです。石英管ヒーターよりも丈夫で長持ちすることが特徴であり、製品によっては10年以上使えることもあります。電熱ヒーターの中で最も長寿命なのですが、製造コストがかかってしまうので製品の値段は高くなっています。

長持ちする電熱ヒーターが人気です

シーズヒーターは大切に使えば20年以上使えることもあるでしょう。ちなみに、金属管の表面をコーティングして、衣服や人体に吸収されやすい遠赤外線の放射量を多くしたものなども販売されています。このようなヒーターは特に新しいというわけではありませんし、以前から似たようなものはあったということです。メーカーによって金属管にコーティングされている物質は異なっているのですが、遠赤外線の放射量を多くしていることは同じです。中には業務用のヒーターしか販売していないメーカーなどもあります。シーズヒーターを使った電気ストーブは遠赤外線の放射量が多いですし、壊れにくいことや電力調節機能がついていることなどもメリットです。コストがかかるので、電気ストーブとしては高価なのですが、水がかかっても安心です。

安全性の高い電熱ヒーターを購入

シーズヒータータイプの電気ストーブは安全性が高く、どのような場所でも使えるというメリットがあります。石英管ヒーターやハロゲンヒーターとは違い、低電力でも暖かいことが特徴です。遠赤外線放射効率が良いため、電気代を安く抑えることができるのです。エアコンやファンヒーターは部屋全体を温めることできますが、1時間当たりの電気代が高いですし、立ち上がりの時の電力量が高いという特徴もあります。電熱ヒーターなら電気代が安いので安心して使うことができるでしょう。しかし、エアコンのように部屋全体を温めることはできないため、1~2人で使用する際に最適な器具と言えます。一時期はハロゲンヒーターの扇風機型が流行ったこともありますが、トラブルが原因で最近はあまり使われていません。