お葬式で無駄な出費しないために注意すべき点をわかりやすく解説

故人の供養はお葬式に始まり、その後も続きます。四十九日や一周忌、節目ごとに法要が行われますし、香典返しや引き出物、仏壇やお墓等々の仏具。故人を供養するための様々な行事・物品が必要となりますから、お葬式だけではなくアフターサービスが充実していると心強いですね。更には各種手続きも必要ですが、そういったところまでフォローしてもらえると、遺族としてはとても助かります。また位牌・仏壇等の仏具に関しても、知識があれば良いのでしょうがなかなかそういった知識が豊富な人は少ない様です。そう言った知識不足の面でも補っていただける、アフターサービスを利用できると安心ですね。香典返しなどの返礼品、喪中はがきについても気を配ってくださると、遺族だけで対応するのは難しいですから助かります。

お葬式のアフターサービスには様々なものがあります

お葬式にはその日だけでなく様々な事がありますから、葬儀の後も遺族が安心して居られるように様々なサポートを提供されていいます。例として、法事・法要はもちろん、その後の食事の席の手配や供花・供物の手配があったり、位牌・仏壇や盆提灯など仏具の手配。俗にいう香典返し等の返礼品選びとその手配。香典帳の整理、喪中はがきの手配などです。また各種手続きや相続の準備なども必要になり、葬儀や法要と並行して進めなければならない様な事態にもなりかねませんが、専門知識を持ったスタッフさんに相談できるのは心強いものです。特に手続きや相続関係は、専門知識の有無で対応力が大きく違ってきます。故人や遺族の状況によって、対応の仕方は様々です。難しいケースでも柔軟に対応できる様なところは安心ですね。

お葬式での無駄な出費を抑えるには

お葬式で無駄な出費になったと話を聞くことは意外と多いのです。その原因はお葬式に出席してくれる方の人数を正確に把握することは難しいからです。食事や飲み物に始まり、香典返しや喪中はがきの数などについて、余裕を見て用意した物が意外と余ってしまったなどと言う話です。ほとんど全ての葬儀業者で、それらの手配はしてくれるのですが、その後の対応はまちまちです。一定数の用意をして余った場合は喪主が買い取らなければいけなかったり、多めに準備しても物によっては余った分を回収して、その費用は無しにして貰えたりするようです。葬儀の時には遺族側ではなかなか気が付きにくいポイントでもあり、確認している余裕なんて無いので、気が付いたら無駄な費用になっていた場合がほとんどだと思いますが、そこに心配りを見せてくれる業者なら安心してお任せできますね。