まずはシーズヒーターとは何かを簡単に説明します

シーズヒーターとは、遠赤外線を放出するタイプの電気ヒーターです。ヒーターの部分は、電気を通すことで熱を発する発熱線が丈夫な金属製の鞘で覆われていることが特徴です。この鞘に入っているような形状から、シーズ(鞘)ヒーターと呼ばれているのです。遠赤外線を多く放出することが特徴で、同じ電気ヒーターでハロゲンランプを使用するハロゲンヒーターの2倍とされています。大量の遠赤外線が、じんわりとポカポカに身体を温めてくれるヒーターなのです。発熱線を入れる金属の鞘は、メーカーによってコーティングしているものが異なるため、メーカーそれぞれが独自の製品名になっていることも特徴です。そのため構造は同じシーズ(鞘)ヒーターでも、家電量販店ではメーカーによって、それぞれの製品名で表記されているのです。

優れた熱効率と、高い遠赤外線放出量を誇るヒーター

シーズヒーターの、ヒーター部分の構造はシンプルです。特徴的なのは、ステンレスなどを使用した金属のパイプ状の鞘です。鞘の表面には、熱伝導を高める処理が施されています。この鞘によって、効率的に熱を放出することができるのです。鞘のなかには、抵抗値が大きいコイル状のニクロム線が入っています。より効率的に熱を発生することで、多くの遠赤外線を放出することができるのです。このニクロム線を金属の鞘から絶縁するために、酸化マグネシウムの粉末が充填され、鞘の両端には、ヒーターの電極となるターミナルピンがあるのです。このタイプのヒーターは、電気のエネルギーがそのまま熱エネルギーになるため熱効率が良いことも特徴です。優れた熱効率と大量の遠赤外線による暖房効果、発熱線を金属の鞘で覆った高い安全性が魅力のヒーターなのです。

大事に使えば10年以上使用可能、頑丈なヒーター

発熱線が金属のシーズ(鞘)で覆われたシーズヒーターは、非常に丈夫で水にも強く転倒などで破損することは、ほとんどありません。発熱線が直接空気に接さないため、ヒーターの寿命が長いことも特徴です。温度設定が数段階できる製品もあり、首振り機能や転倒防止機能やチャイルドロック、部屋の温度をセンサーで感知して室温に合わせて温める、節電機能がついた高機能なヒーターもあるのです。一般的なシンプルな電気ヒーターより、ハイスペックなものがみられることも特徴です。そのため一般的な遠赤外線タイプのヒーターのなかでは、比較的高めな価格となってしまいますが、丈夫で耐久製に優れ、一般家庭で使用するのであれば10年以上は使うことができるとされます。長期間使用できることを考えれば、コストパフォーマンスも高いと言えるのではないでしょうか。

お見積りは、直接当社へお問い合わせください。 設計、製造、検査までの一貫体制による供給を実現しました。 2009年3月、いばらき産業大賞を受賞しました。お客様の希望に沿った最適なヒーターをご提案します。 シーズ外径φ1.8mmの「細径シーズヒーター」です。 少ない流量の気体加熱が可能な「少流量気体加熱器」です。 シーズヒーターを中心とした工業用電気ヒーター、工業用加熱機器の専門メーカーです。 量産性に優れた低価格のシーズヒーター